2016年2月アーカイブ

7周年大感謝祭!

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは!

今月当院は7周年を迎えました!

骨盤矯正や産後骨盤矯正に力を入れ、腰痛や肩こりを根本的に解決していこうという想いを

常にもち、八尾市でも最前線を走っております!

おかげさまで、大手口コミサイトで八尾市で「整体」、「整骨院」、「マッサージ」のジャンルで口コミ評価・数共に

1位をキープしております!

これらの技術や経験を活かし、交通事故の施術にも効果をだしています!

とてもつらい交通事故のケガによる症状は、一刻も早く軽減させなければいけない!

しかし、焦りすぎても逆効果。最短ルートを見つける力。そのルートを駆け抜けるだけの技術を当院は

しっかりと築き上げました!

先週の7周年記念ウィークもたくさんの方が来院していただき、イベントも大好評でした!

これからもより成長していきますので、よろしくお願いします!

骨盤矯正はなぜ保険が使えないの?

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは!

本日のテーマは

「健康保険」で骨盤矯正が使えないのはなぜか?? 

という事についてお話しします!

かなり、そもそも論なのですが、整骨院で健康保険が使えるものは限られています!

これは法律によって定められており、それ以外の事で健康保険を使った施術は違法です!!

では、どんなことに使えるのか?

急性外傷と言われるものです!

「捻挫・打撲・骨折・脱臼・挫傷(肉離れ)」になります。

なので、以前からずっと痛い、だるいといったものについては対象外なのです!

これは慢性症状というもので、肩こりやずっと続いている腰痛などが代表的ですよね!


分かりやすく言うと、いつ・どこで・どのようにして痛みが出たのかが分かるケガに対して

受傷から期間が開いていないものというように思っていただければいいかなと思います!


なので、骨盤矯正や産後の骨盤矯正は『予防』又は慢性症状に対する施術というジャンルに入りますので、

健康保険を使えないのです・・・。

姿勢を正すとなぜ疲れる??

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは!からだケアR・おおぞら整骨院です!(≧ω≦)

肩こりや腰痛に悩みの方や、膝や股関節が痛いとお悩みの方も

「姿勢が悪いんだろうなぁ。」

と、考えた事があるかと思います!( ~д~)

でも、姿勢をよくすると余計に疲れるという方がほとんどではないでしょうか?

なぜ???

それにはいろんな理由がありますが、分かりやすいモノを挙げていきましょ!

まず、姿勢を正しくしようとして「上半身だけを反っている(胸を張る)」という事があります。。( ̄ω ̄;)

上半身だけを起こして、胸を張るので余計に反り腰になりますよね。。。

その反動で股関節も捻じれてO脚やX脚になってしまいます。

なので、上半身の力を無理やり使って良い姿勢に見えるように体を反らしているから疲れてしまう。

次に、いい姿勢を保つための筋肉が体にないので、筋力が足らなくて疲れてしまうパターンです。(´へ`;

これは骨盤矯正や産後の骨盤矯正においても重要な事なのです!

骨の位置だけを治しても、それを支える筋肉をトレーニングして強くしてあげなければ

すぐに元に戻ってしまうのです!

もっといろんな理由もあるのですが、ほぼすべての方に当てはまるこの2つの

理由を紹介しました!

良い姿勢になる為には上半身だけでなく骨盤や足から意識しないといけなくて、その姿勢を維持するために筋肉が必要!
というお話でした!(^○^)/

産後の骨盤矯正っていつからいつまで?

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは!!

今回のお話は、産後の骨盤矯正はいつからすればいいのか?いつまでが産後なのかというテーマです!( ゚Д゚)

基本的にいつから?という点においては当院では1ヵ月半頃からとご案内しております。

骨盤は分娩するから開くのではないのです!(-ω-)/

実は妊娠しているときからホルモンが出ていて、徐々に広がっているのです!

だから、帝王切開での出産であっても骨盤は開いています!

その為、骨盤を広げようとするホルモンが沈静化し、妊娠や分娩による骨盤の広がりが治まりつつあるのが

1ヵ月半頃なので、その頃から骨盤矯正を始められます(-ω-)/

ただし、1ヵ月半ではまだ骨盤は完全に安定していない為、通常よりソフトな矯正から始めていきます。

すなわち、骨盤が固まりきる前に正しい位置に持っていき固まってもらうようにする方法です!('ω')ノ

もちろん!産後2ヵ月でも4ヵ月でも6か月でもOK!

骨盤がある程度固まっているので、当院で提供するすべての産後骨盤矯正技術を施術することができます!(持病や既病歴により、提供できない場合もあります)


次にいつまでか。。という事に関しまして

当院での産後は1年未満としております!

それ以降は出産歴のある方向けの骨盤矯正プログラムという形で供させていただいております!(^^)/


妊娠・出産は骨盤が一番動き、ねじれ、ゆがみやすいので、しっかり治さないとですね!

マタニティのマッサージも提供しておりますのでぜひこちらも!^^

アイシングってなぜ必要?

| コメント(0) | トラックバック(0)
前回の記事でぎっくり腰はできるだけ早く受診する方がいいというお話と
ギックリ腰をしてすぐに受診ができない方はアイシングをしましょうとお話しました。

今回は予告通り、「アイシングはなぜ必要なのか」についてお話します!

まず、多い勘違いとして、

・アイシングをする事で痛みが軽減する。
・痛いのであれば冷やした方がいい。

という所ですよね!

1個目について解説します!

まず、アイシングで痛みが軽減するというのは本来の目的ではありません。

もちろん、軽減することもありますが、あまり痛みは変わらないという方が多いかと思います。

ではなぜアイシングが必要なのか。。

ギックリ腰の例ですと、実はぎっくり腰を起こすと筋肉や筋膜から出血しているのです!

そして血腫という血の塊を作って損傷した部分を治していくのですが、治した後は邪魔なので

細胞が食べてくれるんです!


しかし、出血が多いと血腫が大きくなり、周りの筋肉にも影響がでたり、血腫を全部食べるのに時間がかかります。

だから、アイシングで損傷部分近くの血管を縮めてあげて出血を最小限にしてあげることで、余分な血腫を作らずに、

すぐに血腫も除去できる!

すなわち、アイシングは治るまでの期間を短くしてくれるんです!

2つ目!これもまた、悩んでいる方が多いですね!

冷やすのか、温めるのか、どっちなんだいっ!

それは痛みの原因によってちがいます!

ぎっくり腰や捻挫のような、痛みが発生した原因・タイミングがわかる場合、急性外傷といわれるのですが、

この場合は冷やす!

最近、肩こりや首のコリ、腰のコリの様な、なんだか痛い、だるい、重いといった、いつ・どうした時に痛みがでたか分からない症状は慢性化しているので温めてあげてください!

最低限この2つは押さえておいてくださいね!(≧∇≦)b 

あっ!!!ギックリ腰っっ!!!!

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは!

なんだか寒い日が続いております。まだ2月。当たり前なのですが、やはり暖冬と言われている今シーズン。。。

暖かい日が少しでも続くと、体が油断してしまいいきなり現実を突きつけられて体も心もボロボロ・・・。(´Д`)

そんな時に多いのが「ぎっくり腰」

いきなり襲い掛かる痛み・・・。でも、ぎっくり腰っていきなり起こるわけではないのです!

かならず前兆があります!腰痛やコリ、違和感やハリなどがまずあるはずです!(よほど急激な動きや重いモノを勢い付けて持ち上げたなどがない限り。。)


体の不調に早く気付いていれば、ギックリ腰とはご縁のない生活になるのです。。。

先日、産後1ヵ月の方がぎっくり腰で来られました。。。産後骨盤矯正をしようと当院に目を付けていた所、ギックリ腰になってしまい

まずは、ぎっくり腰から施術することになりました。。(≡д≡;)


産後1ヵ月となると、骨盤もまだまだ不安定でグラグラ動いてしまうのに、腰の筋肉を傷めてしまうとこれはもう最悪ですね・・・・。。

痛めた筋肉を守ろうとして周りの筋肉も硬くなり、その周りの筋肉は動くと痛めた筋肉も動くようになり、だんだんできる動作が減ってしまう。。。


ギックリ腰はできるだけ早く受診することを強くお勧めします!


最後に
ギックリ腰をしてけど、すぐに受診できないという場合。。

まずは冷やしてください!アイシングはすごく大事です!

アイシングのお話は次にお話ししますねー^^

ではでは!