2016年6月アーカイブ

こんにちは!
からだケアRおおぞら整骨院です!(●´ω`●)

まだまだ多いぎっくり腰。。。

この時期にしてはかなり多いですね。。。。。。

骨盤がもともと歪んでいたり、筋肉の疲労が溜まっていたりすると

何らかの引き金で、起こしてしまうぎっくり腰。。。

しかし、ぎっくり腰は強い腰痛で歩けないモノと、軽い腰痛で気になる程度の痛みのモノがあります!

痛みが去るのを待ち、その後また今まで通りの生活をする。

その繰り返しが、筋肉にすごく悪い影響を与えています!

一番いいのは異常を感じる前にケアすること!

次に何かおかしいなと思ったらすぐケア!

最後に発症してしまったらケア!


腰痛や肩こり、、意外とこわいんですよ!
こんにちは!

おおぞら整骨院 八尾院です(●´ω`●)

今回の話は交通事故のお話!

しかも自動車保険の特約にある 「弁護士特約」 についてです!

聞いたことがある方が多いですが、意外と入っていたり、使ったことがある人は少ないですよね^^;

あるデータによると加入率は約30%その中で実際の利用率は0.05%だそうです!

使わないなんて・・・もったいない!

ここで、改めてざっくりとですがご説明します!



まずもって、自動車保険という物は

「加害者の為にある保険」

なのです!


ここから既に意外な展開ですよね(+o+)

実は、交通事故においてアナタに過失がない場合、相手の自動車保険会社との示談交渉をするのは

アナタなのです!

加入者が過失がない場合は保険会社は示談交渉を代行することができません!


そういって事から、自動車保険は「加害者の為にある保険」と言えます。


 相手はプロの示談屋さん、、、うまく言いくるめられてしまうかも。。。。

そんな時に、『弁護士特約』!!( `ー´)ノ

この特約を使うことによって弁護士費用を一事故につき一名300万円まで補償してもらえます!(通常の交通事故での依頼ではこの金額を超えることはまずないと言われています。補償金額は例外アリ)

そして、その弁護士の選択権はアナタにあります!

交通事故に強い弁護士などを調べて依頼したり、すでに知っている弁護士がいる方はその方に依頼することもできます!


弁護士特約は

「被害者の為にある特約」

なのです!



この特約により、選任した弁護士が過失がないアナタの代わりに示談交渉などの代行をしてもらえます!

そして、この特約を利用しても翌年の等級が落ちたりすることもありません!



ただ、注意が必要なのは。。。

アナタの故意、又は重大な過失に起因した損失や、車検証に「事業用」と書かれた車での事故、地震や津波などによる損失には使えません。。。

そして、過失が1でもあった場合は、「保険会社の同意」がなければ利用することができません。。


もし、自動車保険で弁護士特約に入られている方は、もう一度しっかり条件をチェックしてみてください!

交通事故に遭ってからではおそいのです((+_+))

こんにちは!

からだケアRおおぞら整骨院です(●´ω`●)

八尾市はいい天気ですねぇ!!(^◇^)カラッとしております!

今日だけを見れば梅雨とは思えないですが、先週の土日の夜はムシムシしてましたね。。。(-ω-)

そんなことはさておき!

八尾市の皆さま!お身体の調子はいかがでしょうか?^^

これくらいのコリで、、 少し我慢すれば気にならない、、、

そんな方、たくさんおられると思います!


でもその「これ位」、「少し我慢すれば」が積み重なってぎっくり腰や神経痛を引き起こす原因になったりするんですよ!

「これ位」「少し我慢すれば」程度の状態でしっかりケアしないと、強い症状が出てからではすごく時間がかかってしまうんです!

と言ってもほとんどの方はわかってらっしゃるかと思います(笑)


心身共に重い腰を上げて、ケアしませんか?^^

骨盤矯正はバキバキして怖い!という方!当店ではバキバキしませんよ!

ソフトな骨盤矯正でしっかり効果を出します^^

近鉄八尾駅や河内山本駅からでも通院可能!

腰痛や肩こりでお悩みの方はまず当院「からだケアRおおぞら整骨院 八尾院」へ!
こんにちは!

おおぞら整骨院です!(●´ω`●)

交通事故はいくら注意していても、不運がおこります。。。

では、その時にどうすればいいのか?

それを知っているのと知っていないのとでは大きな差が生まれます。


まず、交通事故に遭ったら、お互いの安全を確保し、必要であれば救急へ連絡!

警察へ連絡します。(報告は法律により義務とされています。違反すれば罰則が。。。)

警察が来るまで、お互いの安全確認ともっていれば名刺交換をしておきましょう。

そして、できるかぎり事故の現場を保存します。ぶつかったままの場合は、その状態の写真を撮るなどしておくといいですよ!


お互いの車の破損状況などの写真も撮れれば撮っておきましょう。

警察が到着すると交通事故現場、状況などの聴取がはじまります。

出来る限り相手と一緒にいましょう。悪質なドライバーの場合、

お巡りさんと二人になった際に、自分に有利なように証言することもあるようです!

ある程度聴取が済むと、警察署に行って詳しく取り調べになります。


そして、一番大事なのが、交通事故の聴取などが終わった後です!

自動車保険会社に連絡をしてください。

そして、念の為必ず病院に行き診察を受けてください!

交通事故直後は痛くなくても、首や腰、肩などに後日痛みが出ることが多いのです!

少しでも痛い所は必ず医師に話して、診断書に記載してもらいましょう!

診断書はコピーを取って、原本を警察署に渡します。コピーは整骨院にかかる際に必要になります!

診断書を貰ったら、保険会社に連絡し、整骨院にかかる意思を伝えます!

この時、保険会社の担当さんが整骨院には行ってはいけないと言われる事が多発していますが、

当事者の権利であり、例え保険会社の担当であってもそれを拒否することはできません!

しっかり強い意志をつたえましょう!



交通事故に「遭わない様に」するにはとても難しいです!自分がいくら安全運転していても、相手が危険な運転をしていたら交通事故になってしまいます!

だから一人一人が交通事故を「起こさない様に」することが大切です!